レーン基礎

各レーンには一定周期でミニオンが湧き続ける。ミニオンはデスする際に、付近の敵チャンピオンに経験値とゴールドを与える。
このミニオンから得られる経験値とゴールドを効率よく獲得するため、各レーンに1人以上を配置するのが原則。

敵のミニオンがデスした際、その周囲に複数体の味方チャンピオンがいる場合、ミニオンから得られる経験値総量は140%になり、それを頭数で割った経験値が各チャンピオンに入る。

1人を配置するレーンをソロレーン、2人を配置するレーンをデュオレーンと呼ぶ。
ソロレーンに向かうチャンピオン(ソロレーナー)はデュオレーンに向かうチャンピオンよりもレベルが成長しやすい。

(ワイルドリフトではバロンレーンのことをソロレーンと呼称する場合があり非常にややこしい)

バロンレーンの基礎知識

リフトヘラルドやバロンナッシャーの出現する"バロンピット"に近い側のレーン。原則1人をここに配置する。
ミッドレーンと比べてサイドレーンは距離が長く、レーン中央で戦っていても自タワーまでの距離が遠い分敵ジャングラーの急襲を回避しづらい。そのため、なるべく体が頑丈であったり、逃走性能に優れたチャンピオンを置いておきたい。(実際は下の理由によりタイマン性能の高いチャンピオンであればだいたいなんでもピックされる)

ジャングラーとしてはドラゴンレーンのキャリーやミッドレーナーを手助けする方がよっぽど有利を波及させやすいので、バロンレーン自体が放置されがち。
陸の孤島とも呼ばれる。

バロンレーナー(top)の役割

他レーンへの出張が難しく相手レーナーと1v1で戦う時間が長いためとにかくタイマンの強さが求められる。集団戦に備えてファームをしたい者はレーンを耐え忍べれば勝利、レーン強者は上手くドミネート(圧倒)できれば勝利。
ハッキリ言ってゲームに及ぼす影響力は比較的低い方なので、構成の穴を埋めるような味方の為のピックをすることが多い。
一度負けが付くとレーンの長さも相まって一生嫐られ続ける羽目になりかねない上、適切に育ちさえすれば自動で経験値アドバンテージを獲得できるというソロレーンの特性上、相手を倒してキルを拾い育つというより、自分のファームをまず最優先に、相手の成長を阻害し合うようなゆったりとしたレーン戦となることが多い。

ミッドレーンの基礎知識

マップの中央に位置するレーン。原則1人をここに配置する。
レーン距離が短く自タワーの下まですぐ逃げ込めるため、サイドレーンと比べるとガンクを回避しやすい。サイドの川から敵が迫ってきた場合も反対側の川へ逃げ込める。
そのためガンク耐性の低いメイジ、それをつけ狙うアサシン、それをカウンターするファイターなどが多く生息する。

ミッドレーナー(mid)の役割

名前の通り中央から全体を睨む司令塔のようなポジション。
ゲームに与える影響力はジャングラーと並びトップクラス。レーン大敗は許されない。

ドラゴンレーン(デュオレーン)の基礎知識

ドレイク(ドラゴン)の出現する"ドラゴンピット"に近い側のレーン。
ドレイクを重視するチームが敵に渡すまいとドラゴンピット側のレーンに複数人配置することを意識した結果、気づけばここに2人配置するのが定石となった。現在は制作側もその割り当てを前提としたバランス調整を行っている。
キャリーとそれを支えるサポートの2人構成で向かうのが一般的。

キャリー(adc/apc)の役割

文字通りチームを勝ちに運ぶためのダメージロール。
装備さえ整えば強くなるマークスマン(Attack Damage Carry)やメイジ(AP Carry)などを配置する。
サポートの力を借りながらゆっくりミニオンを食べて力を蓄えていく。

サポート(supp)の役割

レーンでは隣のキャリーの成長を支えつつ、中盤以降はチーム全体を支援する。
最後までミニオンゴールドをキャリーに譲り、中盤以降ミニオン処理にも関与しないため基本的にゴールドと経験値が不足する。自身の成長に依存するスキルセットを持つチャンピオンがサポートを務めることは難しい。
その特性上、(キャリーと比べて)早熟タイプのチャンプが就く場合が多く、レーン勝敗はサポの力量差によって殆ど決まってしまうと言われるほど。キャリーを残した単独ロームによるゲームメイクも可能であり、取れる行動幅がかなり広い。
ラストヒットに執着しなくてよいという点で他のレーナーと比べると操作自体は忙しくなりづらい傾向にあるが、その分脳のリソースを別の箇所に回す余裕があるため、常にマップを凝視し全てのコール(チームへの指示)を担う司令塔のような役割が求められる。

ジャングルの基礎知識

レーンとレーンの間に存在する暗い森のことをジャングルと呼び、倒すとゴールドと経験値を獲得できる中立モンスターが多数生息している。5人全員をレーン送りにするとこの中立モンスターの経験値を無駄にするため原則1人をここに配置する。

ジャングラー(jg)の役割

司令塔候補その3。
ジャングル内を移動しながら全レーンを好きなように支援できる第二のサポートロール。ゲームに与える影響力は絶大なもの。
中立モンスターによる経験値の入りはそこそこ止まりなため、キャリー目標であってもひとまずは味方を育てることに注力したい。
レーンと違い対面に常に敵チャンピオンがいる訳では無く、モンスターを相手している時は特に神経を張りつめる必要も無いので、空いた時間はマップを凝視しレーン状況、敵ジャングラーの位置、オブジェクトの有無などを逐一確認する。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • サポの役割に関してですが、”ラストヒットに執着しなくていいという意味では基本的に暇”と書かれています。言葉自体は正しいですが、サポは、adc/apcが対面にフォーカスされないようにラインを合わせたり、相手のcsをとるタイミングでハラスする必要があるので、決してレーン戦で暇ではありません。そのため、初心者の方が見た際に、暇と書いてしまうと -- 2021-09-05 (日) 18:55:26
  • 後ろで棒立ちメイジが量産される恐れがあるので、暇とは書かない方がいいと思います。長文失礼しました -- 2021-09-05 (日) 18:58:00
    • 文章全体としてはサポートは責任重大だぞ!というトーンで統一していたつもりですが確かに暇という部分を強調してるのは今見たら訳わからないですね -- 2021-09-05 (日) 20:52:23
      • 丁寧かつ迅速な対応ありがとうございます。 -- 2021-09-06 (月) 01:04:50
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-04 (木) 06:59:03